歴史と費用

nurse

不妊治療にかかる費用

一度も経験がない場合、不妊治療にかかる費用が不安になると思います。初期の性交タイミング指導、薬物療法までは保険診療の適用範囲内で、3割負担で受けることができます。これより高度な人工授精や体外受精を受けるとなると保険が適用されなりなり、自由診療になります。医療機関の立地や設備など各医療機関により費用が異なります。 高度な医療費に対し、国や自治体から治療の補助として「不妊治療費助成金制度」というものが設けられており、助成金が交付されます。経済的な負担を、こうした制度をうまく利用することで多少ですが軽減することができます。ここで注意されてほしいのは、年収が一定額以下等の制限があることです、各自治体の窓口で確認することができます。

不妊に対する治療の歴史

妊娠を希望している夫婦が、ある一定期間、夫婦生活を行っているにもかかわらず妊娠しない場合を不妊症といいます。不妊治療とは不妊症の原因を調べ、妊娠しやすくするための治療のことです。日本では体外受精など高度な不妊治療を受けることができます。 日本ではじめて人工授精が記録されているのは、1949年で非配偶者間人工授精による赤ちゃんが誕生しました。夫の精液では妊娠できず、第三者の精液を用いれば妊娠が可能であるとされ、行われました。夫婦以外の性交は倫理的に問題があるため、器具を用いて精液を注入する方法でした。この当時は採取された精液をそのまま注入していましたが、現在では採取された精液は「洗浄濃縮」され、子宮に注入されます。