nurse

歴史と費用

nurse

不妊治療を受けるにはお金がかかります。ただ不妊治療というのは3割負担で受けることが可能です。治療方法やクリニックによって金額が異なりますので、治療を受ける前に知っておきましょう。

Read More

東洋医学について

nurse

現在、不妊治療を受けている夫婦は数多くいます。不妊を解消するための治療法には様々なものがあり、東洋医学の利用もそのひとつです。これにより、トータル的なアプローチが可能です。

Read More

注意点を把握する

nurse

不妊の原因は男性と女性半々です。男性の不妊治療は精液検査を最初に行っています。病院で精液の状態を調べるのですが、家から病院に持っていく場合は、精液を人肌に温めることが重要になります。

Read More

出産する

産婦人科を大阪で探す時にはクリニックの特色をしっかり理解してから決めましょう。ココで口コミやサービスをチェックできます。

子供を妊娠しにくい体質の人も諦めずに治療することができます。体外受精を専門に行なっている生殖医療専門外来も頼ってみましょう。

出産とは。産卵ではだめか。

出産とは子を生むこと、例えば第一子を出産するなどという言い方で使う。出産と類似の言葉として、産む、産み落とす、分娩するなどがある。出産、分娩では卵を産むことにはあまり使われないように思われる。卵の場合は産卵だろうか。卵と入っているからそれはそうであろう。 ほ乳類は子を卵で産み落とすことはしない。しかし人が子供を卵として産みたいと言ってみたり、卵を産んだとの情報が出回ったりすることがある。出産が大変だからだろうか。 子を卵で産むメリットはあるのだろうか。胎児の重さを約3kgとしてその大きさの卵を産卵するのは大変であろう。そういう意味ではなく、卵のサイズ約60gで産むということなら人のサイズに比すれば産むのはずいぶん容易になるだろう。 しかし3kgの子供と60gの子供を育てるのはどちらが育てやすいだろう。

子を育てるということ

子供を出産したらそこから始まるのが子供を育てていくこと。産まれてすぐ始まる。最初は身の回りのお世話、健康管理。子供の発達に伴って安全性を保ちつつそだてていくこととなる。人としての感情表現がどんどん出てきて、育てる方はそれに伴い喜び悩み心配し育てる方も育っていく。 我が子が外の世界に出て行くと、育てる方もそれに伴い新たな外との関わりが出てくる。やはり悩みつつ喜び時に怒り心配し関わっていくこととなる。 子供を育てていく上で何が最終目標となるのだろうと考えた時、子供が自立し幸せに暮らしていってくれることではないだろうかと思う。とすれば、私が無事子供を育て、その子供が幸せに育ち自立し、そして子を成し育てていくこと。それが私の親の子育てのゴール地点となるのだろうか。 人が遺伝子を無事つないでいく本能なのかもしれない。